本文へスキップ

二種証券外務員 資格取得ガイド

証券外務員の業務/証券外務員二種 資格取得ガイド

証券外務員の業務

1.証券会社などの金融機関に所属し、取引のある法人や個人の投資家の自宅を訪問して、株や債券などの有価証券の取引
を勧誘し、売買の取次ぎを行う。

2.証券取引の状況と見通しを顧客や見込み客にいち早く連絡をし、売買注文を取り付ける。

3.顧客の資産状況など必要な情報を聴取し、適切な資産運用のアドバイスや情報提供を行う。

4.顧客から売買のタイミングなどについて相談を受け、対応する。

5.外国の有価証券を顧客の代理として購入する。

6.顧客からの電話での注文に対応し、売買を行う。

7.情報提供や商品PRのためのダイレクトメールやパンフレットを作成・配布して、新規顧客を開拓する。

8.勧誘を行った商品に対して興味を示した新規顧客を訪問して説明する。

9.顧客からの各種金融商品に関する質問や問い合わせに対応する。


外務員資格は、現在取り扱える業務等の種類に応じて、6つに分かれていますが、「二種証券外務員」試験は、制度改正により、2004年9月から一般の方にも開放され、誰でも受験可能となりました。

「二種証券外務員」は、有価証券の募集や売買の勧誘(信用取引や先物取引、オプション取引の勧誘を除く)などの営業活動が認められています。

以上のように証券外務員は証券業務を通じて、投資家の立場にたった的確なアドバイスや情報サービスを提供しています。

今や日本の資本主義経済を支えているのが証券市場です。

金融の世界も間接金融から直接金融へと移行している時代となっており、証券外務員は大きな役割を担っています。




資格取得講座

 証券外務員 講座  ユーキャン証券外務員二種 合格講座

出題傾向を徹底分析! 合格に必要な知識がしっかり学べます。

初めてでもマイペース学習で3ヵ月で資格取得が狙える!




リンクについて

 
相互リンク募集中

LINK1   LINK2   LINK3   LINK4
LINK5   LINK6   LINK7   LINK8